一人暮らしの生活費を10万円減らせました|おづまりこさん『年収200万生活』を読んで無理なく節約

生活費を減らせたのはおづまりこさんの「年収200万生活」に出会ったから
 
なご
なご

こんにちは!29歳で恋も仕事もリセット。生き方改革中ブロガーのなごです。

29歳で7年続けた正社員を辞め、それから1年たちました。

時短の派遣社員として働いたり体調を崩して働けない時期があったりで、年収は半分以下になりましたが、生活費を10万円ほど減らすことができたので、それほど苦しい生活にならずに済みました。

もともと貯金が苦手で、正社員時代は赤字の月も多く。

ボーナスを年間の予算にしていたこともあるくらいです笑

そんなわたしが、おづまりこさんの節約コミックエッセイを読んで生活費を減らすことができました!

そこで具体的な節約の方法をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

生活レベルを下げられない恐怖から救ってくれた、おづまりこさんの節約ノウハウ本

大学卒業後に入社した会社を7年も辞められなかったのは、経済的な不安もあったからでした。

給与は悪くなかったので、ゴルフに行ったり、美容や洋服、交際費に今よりも多くのお金をかけていました。

「会社を辞めたい、年収下げてでも体調を優先したい!」と思っても、今の生活ができなくなるという恐怖からなかなか決断できませんでした。

おづまりこさんの本『年収200万生活』に出会って生活費の節約に成功

そんなわたしが、会社を辞めたあとにおづまりこさんのおひとりさまのゆたかな年収200万生活 という本に出会って、生活費を10万円減らすことができ、本当に安心したのです。

そのおかげで、派遣社員でゆるやかに働くという選択をすることができました。

コミックエッセイなので読みやすくておすすめです!

この本には上手な食材活用方法や、お金の管理方法、心がすさまない節約方法が具体的に書かれています。

2019年3月に2巻目も出たので、もちろんこちらも読みました!

 
なご
なご

美味しいし10分くらいでできるし、天才レシピだ!

お金の管理の基本的な方法は1冊目のほうが詳しく載っています。

 
まずお金について学びたい!という方は1冊目からぜひ読んでみるといいかなと思います。
スポンサーリンク

節約できた一人暮らし生活費は10万円!

おづまりこさんの本を読んだのをきっかけに、自分でもできそうな節約方法を取り入れながらやりくりしていって、実際に10万円の一人暮らし生活費を節約できました。

10万円の内訳はこんな感じでした。

▼1ヶ月あたりの金額

 使っていた額節約後節約できた金額
洋服・コスメ\30,000\6,000(\24,000)
ゴルフ代\20,000\0(\20,000)
ヨガ教室\10,000\0(\10,000)
食費(外食除く)\45,000\20,000(\25,000)
書籍\5,000\2,000(\3,000)
交際費(飲み会含む)\30,000\6,000(\24,000)
合計\140,000\34,000(\106,000)

合計で月に10万円以上減らすことができました!

そもそも服にゴルフにヨガにと、贅沢に6万円も使ってるなんて今考えるとおぞましいですが。

さて、贅沢が癖になってたわたしがどうやって節約したのか!ここから具体策をご紹介します。

洋服は数を減らしてムダ買い防止

洋服は衣替えしない。すべてクローゼットで見渡せる量までにおさえ、クローゼットに入らない分は処分する。
洋服に関しては「多く持ちすぎない」ことがポイントだと気が付きました。
手持ちの服を上手に着回し、必要なアイテムだけ買い足すには、自分がどんな洋服をもっているのかひと目で分かる状態にしておくのが必須です。
わたしの場合は週5日フルタイムで私服通勤だったので、
なご
なご

毎日同じ服と思われたくないから、毎日違うの着なきゃ~!

と必死でした。

 
それにともない洋服の数が増えて、クローゼットに入り切らず。春夏と秋冬で衣替えしていました。
が!!しかし!!
衣替え前の、「暑いんだか寒いんだか、何着たらいいんだ!?」という次の季節の予感がする頃に、ルミネの10%オフがやってきたりしてムダに洋服を買ってしまうことに気が付きました。
 
そこで、下着以外はすべてクローゼットにハンガーにかけて収納し、収まらない服&お気に入り以外の服は処分!
するとあら不思議!
 
手持ちの服が見渡せるので、朝に「洋服はいっぱいあるのに着る服がない・・・!!」と鏡の前で30分も悩むことがなくなり、ムダに服を買い足すことがなくなりました。
断捨離でムダに服が増えるのを防ぎ、買い足すときにはクローゼットをよーく見渡しどんなアイテムなら手持ちの服と合わせて使いやすいか、を吟味してから買いにいきます。
 
そして服はほぼGUで買うようになりました!
サイズもいっぱいあるし、試着室もたくさんあって思い切り試着ができる!
シンプルな服は長く使えるからと思って高めの買い物をしても、形にも流行があり結局古臭くて着なくなってしまうことが多かったですが、GUなら気兼ねせずシンプルもトレンドも手に入るので気に入ってます!
スポンサーリンク

習い事・趣味は本当に自分がやりたいなら続ける

習い事や趣味はお金がかかるけど、でも好きなことにお金を使うのは人生を楽しむために絶対必要だと思っています。

趣味をやめてまで節約したら、心が疲弊しちゃう!

なご
なご

本当にやりたい趣味なら続けるのがいいよね~!

わたしは結局ゴルフとヨガをやめました。

ゴルフは会社の人とのコミュニケーションが目的だったと気づいたので、退職を機にやめました。

ヨガはだんだん行かなくなっていたので。。迷わず退会。
 
運動続かないタイプなので。。
 
そもそも向いてない、人に合わせてやっていたものに知らぬうちにお金を払い続けていたことに気が付きました。
 
今は少し予算に余裕がでたら、大好きなマッサージに行くことにしています。
今はダンス教室に通いたいな~と思っていろいろ調べ中です!
スポンサーリンク

食材のまとめ買いは食費節約の基本

おづまりこさんの本を読んで、食材を使いきる工夫を本当に上手にされていて胸を打たれました笑

わたしの場合食費は、「スーパーで買う食材費」+「コンビニなどのお弁当代」で計算してます。

なんと節約前はひとりで月に45,000円も使ってました!!

(※飲み会など外食費除いてこの額)

週に2~3日しか自炊しなかったので、食材を使い切れないと困ると思い、卵は小さいパック、野菜も使い切れるサイズ、お肉も少量パックを買ってました。

しかし、冷凍保存という技を覚えてからは、食材を1週間分まとめて購入できるようになりました!

わたしが学んだ食費の節約ポイントはこちらです!

  • 野菜と肉は、買ったその日のうちに使わない分を小分けにして冷凍!
  • お弁当のおかずも、おにぎりもまとめて作って冷凍!
  • スーパーで安い食材をとにかく買って、帰ってから献立を考えて作る!

今までは「これが食べたい!」と献立を決めてからスーパーに行き、必要な食材を買っていたんです。

でもそれだと残った食材が使い切れないというパターンになりがち。

しかしおづまりこさんの本によると、一人暮らしなのにキャベツ一個まるまる買ったりしている!?

いろいろなメニューに応用して、使い切る工夫をしていました。

冷凍肉味噌などを作っておいて、いろんな野菜とあわせて時短調理したり。

実際のレシピも本に載っているので、わたしもたくさん試して作っています。

この食材のまとめ買いをするだけで45,000円だった食材費が20,000円まで減りました!

おづさんは食材費は月1万円だそうなので、わたしはまだまだ修行が必要ですが笑

スポンサーリンク

不要な飲み会は断る!誘われたら行くという流れをやめる。

飲み会や送別会、友達とのランチなど、交際費は月3万円ほど使っていましたが、「誘われたらとりあえず行く」という習慣をやめたら、月6,000円まで出費を節約することができました。

なご
なご

本当は行きたくない飲み会を断って、お笑いライブに行くお金にしたくない?

お笑いライブじゃなくてもいいんですが。
あ~つまんないな~と思いながら愛想笑いをしている飲み会に5,000円使うなら、わたしならお笑いライブを見るかマッサージに行くか、スーパー銭湯に行くか、高級パフェを食べたいです!(やりたいこと多い)
 
以前は飲み会に週に1~2回は行ってました。
会社帰りに誘われたり、ストレスが溜まってお酒を飲みたくなり自分から誘ったり。
 
でも退職してからはストレスも減ってお酒を飲んでパーっと発散したいと思うことも減り、月に1~2回友達とランチをするくらいになりました。
 
本当は行きたくない飲み会を断ると、自分が楽になるというお話はこちらをぜひ読んでみてもらえるうれしいです。
 
▼関連記事▼

書籍費の節約。図書館を使ってみた

本は欲しいと思ったら、すぐに購入していました。特に今すぐ読みたい!と思ったらKindleですぐ買ってしまったり。

しかしおづまりこさんはというと、図書館を利用しているとのこと。

公共の図書館って今まで使ったことがなくて、借りる手順なども正直わからず本当に便利なのかな~?と疑っていましたが、、かなり便利でした!

  • ネットで予約しておけば、受け取りにいくだけでいい!
  • 意外と新しい本もある!(予約待ちの場合が多いけど)
  • 夜間ポストもあって、閉館後の夜でも返しに行ける!

何回も読み返しそうな本は、Kindleで買ったりしますが、試しに読んでみたいというものはまずは図書館で探すようになりました。

図書館を利用するようになったら、書籍費はだいたい月5,000円使っていたところが月3,000円まで節約できました。

スポンサーリンク

生活費を節約できると、新しいチャレンジがしやすくなる

ここまでわたしがおづまりこさんの本で勉強しながら一人暮らしの生活費を節約できた方法についてまとめてきました。

節約のポイントをおさらいするとこんな感じです。

  • 洋服の数を減らして、ムダ買いを防止
  • 食材は大きなパックでまとめて購入&冷凍保存
  • 趣味や飲み会は、自分が本当にやりたい・行きたいのか見つめ直してみる

生活費を節約できてよかったと思うのは、新しいことにチャレンジしやすくなったことです。

ずっとやってみたかった派遣社員という働き方を選ぶことができたのも、生活費を節約できたから収入が減っても十分やっていけるという自信がついたからです。

そしてなにより、年収を上げ続けるという永遠のレースからも降りることができました。

また生活費が前よりかからない分、収入が減ってもいいので仕事にかける時間と体力を減らしてブログを書いたり自分の活動をしよう!と思えるようになりました。

やりたいことに時間を使えるようになったこともあり、正社員の頃と比べて、明らかに心にゆとりが生まれたと思います。

なご
なご

お花を買って帰ったり観葉植物を育て始めたりと、毎日の暮らしを楽しめるようになってきたよ~♪

観葉植物を枯らさずに育てられるようになったという話はおづまりこさんの1冊目の著書おひとりさまのゆたかな年収200万生活にも紹介されていました。


おひとりさまのゆたかな年収200万生活 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

節約しすぎて心がすさんでいくのではなく、日々の暮らしを楽しみながらも節約って本当に素敵だなーと思います。

生活費という自分の負担を減らすのは、心の余裕を取り戻す第一歩なのかなと、この本に出会って思ったのでした。

なご
なご

節約とともに、お金の使い方・増やし方の勉強もするようになりました!

お金のことを一度も勉強したことがなかったのですが、少し勇気を出してマネーセミナーで勉強してきたお話を【老後やお金の不安がある女性へ】無料の金融セミナーに行ってよかった体験談|女性におすすめのマネーセミナー でまとめていますのでぜひ覗いてもらえるとうれしいです!

 

なご
なご

Twitterもやってます☆

ブログの更新情報や、生きやすい人生を追求するつぶやきをしてます。

おづまりこさんのレシピを再現した料理ツイートも多め♪

気軽にのぞいてくださいね~☆
なごのTwitterをフォロー

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました