コロナ中に決まった派遣の仕事が案外快適だった。妥協しないって大切

一人暮らしの在宅ワークデスク

こんにちは、在宅勤務の派遣社員のなごです

2020年4月、コロナが蔓延し求人が減り、企業に解雇される人が増える中でわたしは新しい派遣の仕事につきました。

この企業で働いて、あと数ヶ月で1年になります。

なんとこれ、わたしが派遣で働く中で1番長い期間です。

コロナの状況下での仕事探しは求人が少なく、不安で焦りもあったのですが、それでも妥協しない条件を作ったことで、なんだかんだいい企業に出会えたかもと思ってます。

そこで、仕事探しで妥協しなくてよかったこと、それによって得られた今の仕事の快適な点をまとめました。

コロナでも職探しで妥協しなかった条件

コロナで求人が減っていて、とにかく仕事が決まりにくい!という状況でも、妥協しなかった条件がありました。

  • 時給が2000円以上
  • 職種がウェブマーケティング
  • すでにリモートワークを実施している会社

この3つです。

リモートワークを2020年3月時点で導入している会社はそれほど多くなくて、

派遣だけ出社している企業もけっこうありました。

でも今働いている企業は面談にいったときに、オフィスに3人しか人がいなくて、

すごい!環境の変化への対応が早い!

と、とても働きやすそうに感じて、実際それが決め手の大きなひとつになりました。

コロナの状況下での職探しでどんなことに気をつけていたかなどはこちらの記事でまとめています。

派遣の仕事が決まらないと悩みながらなんとか採用された【コロナの影響の体験談と対策】

妥協しないで出会った会社。今の会社&仕事はこんな感じ

職探しで妥協しないでなんとか出会うことができた今の会社。

どんなところが働きやすいなーと思っているかというと

・完全リモートワーク

・リモート支援金なんてものまで頂けた

・仕事の裁量が大きい。派遣なのにけっこう任せてもらえる

こんな感じです。

2020年の4月から働いてますが、オフィスに行ったのは5回くらいだけ。

毎週オンラインミーティングをして、必要なところは個別に上司にオンラインで相談して仕事をすすめてますが、けっこうスムーズに仕事が進んで快適だなーと感じてます。

もともとコロナ前からリモートワークOKの会社だったようなので、リモートの土台があるところへ加わったのがラッキーでした。

さらにリモート支援金といって、派遣社員なのに支援金を頂けたのはかなりびっくり。

社員数100人以下の規模だからこういう柔軟な対応ができるのかな?

わたしが長く正社員で働いていた企業は、こういう補助的なお金はほとんどなかったので、

社員にお金を臨時で配る会社ってすごいー!人を大切にしている感じがするー!」と感動しました。

あとは派遣社員なのに仕事の裁量がけっこう大きくて楽だなーと感じます。

細かいやり方はあまり口出しされず(言い方が悪いですね、指示ですね)、こういうふうに進めますけどよいですかー?といったら「OK~」って感じで任せてもらえます。

あれこれ細かいルールに縛られたくないわたしには心地よい環境です。

こんな感じで、派遣社員として働くのはこれで3社目ですが、なかなかいい感じの環境だなーと思える会社に出会うことができました。

これもやっぱり妥協せず「すでにリモートワークを実施している会社」に絞って探した結果な気がします。

環境への適応が早いということは、会社の体質が柔軟で、社員の働き方にもある程度自由がある会社なのかなーという予想でしたが、その点はやはり当たってたなという感じです。

それでも満足できないこともある

これだけ今の会社で満足していることがあっても、やはり自分に合わないなと思うこともあります。

そもそも自分にとって完全に満足できる会社なんて存在しないわけですが、

メリットとデメリットはセットな感じもしています。

わたしが半分派遣社員で半分個人事業主としても活動してるから、少し会社員の感覚とずれてきてることも原因だとは思うのですが、

仕事をこなすことが目的になってることに疑問を感じる

というのがすこーし「うむむ・・」と思います。

効率が悪いことを改善しようとか、利益率が下がらないように運用フローを整えてルーティン化しようとか考えてる人はあまりいなくて、なんかモヤモヤすることもあります。

でもそもそも上場していない企業ってそこまでガツガツ利益を求められないのかも。

そんなわけで会社での働き方になじめず、なんかいつもわたしは空回りしてる感じがします。

までも、会社のやり方と合ってないってことなので、いつかまた違う仕事を探すかもしれないです。

もっと時間単価が高くて、もっと自分の興味がある分野の仕事にうつろうかなーと考えたり、個人事業もっとがんばろーと思うきっかけになったので、

その点では今の会社にも感謝しています。

まとめ|仕事探しは妥協せず、自分の意志で選択することで新しい道が開ける

今の派遣の仕事は週4日だけで、在宅勤務でストレスも減ったので、

別の仕事を探したり個人事業の収益をどう拡大しようかなーと考えるきっかけになりました。

そして2020年は個人事業の収益が、派遣の給料1ヶ月分を超えるくらいまで増えました。

かなりゆっくりなペースではあるけど、2019年は数万円しかなかったので、大きな進歩。

自分でも会社以外のところで稼げるんだーという自信になりました。

それもすべて、自分で決めた仕事の条件を妥協しなかったから得られた結果かなと思います。

大学時代の友人や、新卒入社した会社の同期たちは大手企業でバリバリ働いていたり、起業して社長になってたりするので、それに比べるとわたしは派遣+個人事業をちまちましていて「なにしてんの??」っていう状況です。

でも、「できる限り会社で働きたくないーーー」と少しずつ選ぶ仕事を変えていくことでだんだんとフリーランス的な道もひらけてきたように感じます。

妥協しない。自分の希望を優先する

というのがやっぱり人生において大事だよね!と思います。

これからも気が向いたときだけ頑張るスタイルで引き続き働いていこうと思います。

週5日働きたくない私が週3日労働になった方法&そんなに働きたくない理由
人よりストレス耐性がかなり低いので、週5日労働はもうできません!!週3日の高時給派遣社員として生活することを選んだので、週3労働で生きる方法をまとめてみました。事務系職種でも派遣会社によってかなり時給の高い求人もあるので希望を捨てるべきではない!
【HSP】在宅ワークでストレスが減った。おすすめ在宅ワーク&副業
わたしはHSPという「敏感すぎる気質」も手伝ってか、 会社で働くのがあまり得意ではありません。でも在宅になってからかなりストレスが減り、今は在宅の派遣社員で週4日働きながら、完全フリーランスになることを目指して個人事業をこつこつやっています。
WEB・IT業界で働くのにおすすめの人材派遣会社は?現役WEBマーケティング派遣職のリアルな感想
ウェブマーケティングやITエンジニア、Webデザイナーの仕事につくときにおすすめの派遣会社をまとめました。IT系専門の派遣会社や、時短勤務や週3日などの仕事もある時短専門派遣会社など、理想の働き方にあわせて派遣会社を選ぶのが大切だと思っています。
未経験でwebマーケティング職に就いた方法と勉強方法【現フリーランス】
さえない営業補佐だったわたしが未経験でWebマーケティング職につきました。その後も派遣社員でも高時給で働けてるし、フリーランスへの道へも見えてきて、Webマーケに転向してほんとによかったです。勉強したい方ならオンラインスクールかサイトを作るのがおすすめです。
タイトルとURLをコピーしました