【派遣のメリット】つらい正社員より時給換算で収入が上がった経験談

正社員から派遣になって収入が上がった
なご
なご

こんにちは、生きやすさ研究家のなごです!

先日こんなツイートをしたらいつもよりいいねが集まり、みなさん派遣という働き方に興味があることがわかりました!

なご@生きやすさ研究家
@puutaro_hana
大企業の正社員をやめて派遣社員になったというと、残念な人だと思われるけど、時給換算したら上がってます。

さらに家賃も下げて働く時間も短くして、健康も手に入り、人生の質は上がってます。

ジェネラリストとかきれいな言葉で体のいい雑用として使われるより、よっぽど充実してます🤔

実際わたしは正社員を辞めて29歳から派遣社員として働いていますが、時給換算すると時給が上がっています。

そこで今日は正社員がつらすぎて辞めたいーーーという方に向けて、高時給の派遣がおすすめな理由をお話していきます!

▼こんな悩みにお答えします
  • 正社員は責任が多くていやだ!
  • 派遣って不安定でしょ?
  • 派遣って正社員より稼げないでしょ?

わたしの結論としては、毎日つらすぎて疲弊してるくらいなら派遣でゆるく働くほうが精神的に楽だし収入も上がるかもよーという話です!

それでは詳しくお話していきます!

派遣登録するなら時給が高くて仕事紹介も速い

マンパワー

スポンサーリンク

つらすぎる正社員よりスキル特化の派遣社員がおすすめです

さて、正社員がつらいという方はこんなことでつらさを感じてるのではないかなーと思います。

  • 給料の割に責任が多い
  • 飲み会を断れない
  • 業務の範囲が広くて手がまわらない!
  • ジェネラリストや総合職といって、結局なんのスキルが身についたのかよくわからない
  • 残業が多い
なご
なご

とにかくやることが多いのが正社員!

こういう方は一度、今正社員として時給いくらで働いているのかを計算してみるといいと思います。

そして派遣で同じ仕事をしたら時給がどれくらいなのかを比較してみましょう!

派遣よりも低い時給で仕事をしてるなら、転職を考えてもいいと思います。

高時給な派遣の案件をみてみる
マンパワー

派遣のほうが正社員のときより時給が上がった話

わたしは実際に派遣にしたら時給換算で収入は上がりました。

詳しく内訳をだしてみると…

正社員:

・IT企業のウェブマーケティング(勤続7年)

・月給38万円(額面)

・勤務時間は月170時間

→時給換算すると2,235円

派遣社員:

・企業のウェブマーケティングサポート

・時給2300円

・残業なし

こんな感じで正社員時代に時給2,235円だったものが時給2300円になりました。

これを1ヶ月で計算すると、9,750円のプラスになります。

金額としては大きくないかもしれませんが、時給アップに加えて

飲み会や残業はなし、自分がやりたい業務だけに特化できるというメリットもあります。

なご
なご

責任を減らして、時給を上げられたので派遣になってよかった!

もちろんこの計算には賞与(ボーナス)を含んでいないので、年収としてはボーナス分ダウンした感じです。

まあでもボーナスがなくなっても、

毎日精神的に受けるダメージも少なくなって圧倒的に健康にもなったので個人的にはメリットのほうが大きかったです。

そしてこうしてブログを書いたりYoutubeをやったり副業するパワーも残るようになりました。

なので、正社員として疲弊しきっている毎日の人は、高い時給で派遣で働くという選択肢もありではないでしょうか!

高時給な派遣の仕事は、
マンパワーに登録

派遣という働き方のメリット

次に派遣という働き方がおすすめな理由についてお話します。

派遣のメリットとしてはこんなものがあります

▼派遣のメリット

  • 伸ばしたいスキルに特化できる、業務範囲が明確
  • 残業、飲み会、部下の指導などをやらなくてよい、断れる
  • 3ヶ月更新なので辞めやすい&次の仕事を見つけやすい

それぞれ説明していきます!

伸ばしたいスキルに特化できる、業務範囲が明確

派遣の仕事は、一部の業務の専門家として頼まれることが多いです。

たとえば

  • Excelでデータ分析をする人
  • Accessでデータ抽出をする人
  • 経理で給与計算
  • セミナーの運営業務

などです。

正社員ならもっと仕事の幅は広くて、さらに後輩の指導、マネジメント、採用面接など多くのサイド業務が発生します。

わたしははっきり言って組織づくりやマネジメントは興味がないので、派遣社員として自分のスキルを伸ばしていくほうがあっています。

また派遣なら契約内容に業務内容が記載されます。

もし契約以外の業務を頼まれたら断ることもできるので、一部のスキルを伸ばしたいという方には派遣という働き方のほうがメリットが多いと思います。

残業、飲み会などを断れる

派遣のメリットは、正社員ならほぼ強制参加だったりする飲み会や残業を断れることです。

就業する会社にもよりますが、派遣社員は飲み会には行かないという暗黙の了解もあったりして(笑)、

断るときにも「欠席します」だけで理由を言わなくても特に誰も気にしない事が多いので、ほんとうに楽!

残業も、契約時にだいたいの残業時間は伝えてもらえるのでそれを超えるようであれば断ることもできます。

正社員のように、残業を断ったからといって冷たい目を向けられるという経験もわたしはありません。

なご
なご

会社でよけいな精神的ダメージを受けなくて済むのがいい!

3ヶ月更新なので辞めやすい&次の仕事を見つけやすい

派遣は基本3ヶ月間の契約で、都度契約を更新するか確認してもらえます。

もし職場が合わないなーと思ったら、契約を更新しなくてもOKなんです。

しかもその手続がとっても気楽にできるのがいい!

契約更新の確認が派遣会社からメールなどで届いて、マイページなどで「更新する・しない」を選ぶだけでOKなことが多いです。

もちろん辞める理由をヒアリングされることもありますが、正直に答えるかは自由です。

後腐れなく次の仕事をすぐに紹介してもらえます。

なご
なご

正社員とは違って、気楽に職探しができるよ!

こんな感じで、 派遣なら正社員のときに我慢していたことから開放される可能性が大きいです!

正社員という働き方に疑問がある人は、派遣も選択肢としてありだと思います。

高時給な派遣の仕事は、
マンパワーに登録

派遣のデメリットと、それでも派遣を選ぶ理由

さて、ここまで派遣のメリットをお伝えしてきました。

でも、派遣って不安定でしょ?

派遣はメリットが多い一方で、派遣って不安定だよね…という心配もあると思います。

ということで、派遣のデメリットとそれでも派遣を選んでいるわたしの考え方をまとめました。

派遣は不安定な働き方なのか?

派遣は契約期間があって、基本的に3ヶ月更新です。

会社のほうから「契約更新はしません」と言われる可能性ももちろんあります。

そういう意味では不安定というのは事実です。

でも今の時代、大手企業もバンバンリストラをしてるし、正社員だから安定というのは幻想になってきましたね。

むしろ派遣社員として自分の得意なスキルをしっかりと伸ばしておいたほうが、次のキャリアにもつながりますよね。

わたしはウェブマーケティングが専門なので、企業でのマーケティングの経験を派遣社員で積んで、フリーランスになるという道も考えています。

正社員のときはマーケティングといいつつ、結局スケジュール管理や予算管理などの全体の仕事に時間をとられて、個人のスキルを伸ばしきれなかったという後悔もあります。

契約期間があるから不安定という考えではなく、自分が活かせるスキルが身につくかどうかで考えたほうが今後のためにいいかなーと思ってます。

なご
なご

派遣=不安定というのは古い!かも!

派遣はボーナスも交通費もないから損?

派遣社員と聞くと、ボーナスも退職金も交通費もない!というイメージがあるかもしれません。

しかし!

2020年4月の派遣法改正から、大きく制度が変わります。

ボーナスと退職金は、時給に含めて支給されるようになり、交通費も出るようになりました!(派遣会社によって支給の有無や金額は異なります)

派遣法の詳細は厚生労働省のパンフレットで確認できます。

退職金は時給の6%、賞与は2%上乗せで支給という基本的な話なのですが、派遣会社によっては今までの時給に含めるところもあり、実質時給は上がらないこともあります

(わたしの今の派遣会社も、4月以降の時給は据え置きになります)

それでも交通費が出るようになったので、それだけでも月1万円ほどの手取りアップ!

ということで非正規労働者の待遇も改善されてきています。

なご
なご

派遣は安月給!待遇も正社員より悪いというのは過去の話になりつつあるよ!

以上、派遣社員のデメリットとそれでもおすすめな理由をご紹介しました。

正社員だからいい、派遣はやばいという判断ではなくて、

自分のスキルと時給、精神的なメリットなど全体的に考えてどちらが合っているのかで判断するのがおすすめです!

高時給な派遣・仕事の紹介も早い
マンパワーに登録

スポンサーリンク

まとめ|スキルを絞れば、派遣でも高時給で働ける!

以上、派遣として働くメリットについてご紹介してきました。

わたしとしては、有名な企業の正社員を辞めて29歳で派遣社員になったことは自分にとって素晴らしい決断だったと思っています。

これからは個人の時代と言われていますが、ほんとにそう思います。

大手に勤めているステータスよりも、

派遣でもしっかり得意分野を磨ける、好きな仕事をしていられるというほうがわたしにとっては価値があるんです。

派遣という選択肢をポジティブに検討してくれるきっかけになればうれしいです。

なご
なご

自分に合った働き方を選ぼう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました