仕事を辞めて良かったこと&理由|後悔はゼロ・体調も良くなった話

なご
なご

こんにちは、なご29歳で7年勤めた会社を退職した、なごです。

私は29歳のときに、新卒で入社してから7年勤めた会社を辞めました。

次の転職先は一切決めずに辞めたので、正直めちゃくちゃ怖かったですが、

今は週4日の派遣の仕事と個人事業をやっていて自分のペースをたもって働けています。

いざ会社を辞めてみたら、お金や仕事・キャリアという多くのしがらみから開放されて、本当にいい経験になりました。

そこで今回は、わたしが会社を辞めた理由と、辞めてよかったと思うことをご紹介したいと思います。

もし辞めたい理由が「会社の過度なストレスで心や体に不調が出ているから」という方は、ゆっくり休むために休職か退職をするのと、

社会保険でしっかり生活費を確保して、お金の心配をせずに休養するのがとても大事です。

社会保険で本来もらえるお金についても辞めたときにもらえるお金っていくらか知ってる?失業手当と傷病手当金制度を使おうの部分で書いていますのでぜひ読んでみてください。

会社を辞めた理由①独立開業のため&会社が嫌だった

レンタルサロンのイメージ

なんで会社を辞めたかというと、前向きな理由と少し後ろ向きな理由の2つがありました。

セラピストとして独立したい!独立のための準備をしたいから!😃
会社に行くのが憂鬱だし、上司も嫌い。
こんな場所で1日の大半を過ごすなんて人生のムダづかいだと思ったから!😩

セラピストになりたかったのは本当で、実際にそのあと開業もしました。

でも本当は働きながら資金を貯めて、土日だけセラピスト活動をしてみようと思ってたんです。

会社で嫌なことが多すぎて、これからやりたいことにエネルギーを注ぐ余裕がなくなってしまったので、しかたなくまずは会社を辞めました。

会社を辞めた理由②会社のストレスで体調まで崩していた

会社に勤めていたときは、とにかく会社に関することにひとつも興味がもてない状況でした。

◆そもそもビジネスというものに興味がもてない
◆会社が成長してもしなくてもどっちでもいい
◆給料上がらないし、責任ばかり増える
こんなモチベーションだったので、

会社の嫌な部分ばかり目に入る状況でした。

会社のストレスの影響は体調にもあらわれていて、

◇電車に乗るとのどがぎゅーと苦しくなって、息がしにくくなる
◇電車降りた瞬間に涙がばーばー出てくる
◇会社で座ってると15時くらいから全身がむずむずして、叫びたくなる衝動に駆られる
◇上司の声が聞こえるだけでイライラMAXで、いつかぶん殴ってしまうのではと不安になる

ずいぶんネガティブな理由で退職したんだね、と思われるかもしれませんが、

今思うと、あのとき会社から逃げてなかったら、今頃電車に飛び込んでたかも…と思うこともあるので、逃げておいて本当に良かったです。

仕事が原因でもし体調を崩している方がいたら、まずは休むことが優先してほしいです。

辞めるときは、否定的な意見は聞かなくていい

会社を辞めるときにはたくさん否定的な言葉を浴びます。

辞めてみて思うのはその中に真実はないし、真に受ける必要もないということです。

特に29歳で独身の女性が転職先も決めずに辞めるとなると、余計なお世話の嵐でした。

嫌だから辞めるなんて、そういう人はどこ行っても同じだよ

30歳目前で次決めないで辞めるって、結婚もしてないしどうすんの

ひとりで生きていくって決意しちゃったんだね。

否定的な意見を聞いて落ち込んだりもしましたが、どれも気にする必要のない

「どうでもいい言葉だったな」と今は思います。

就職先はあとからでも決まったし、会社を変えれば仕事のいやな部分が改善されることもありました。

ひとりで生きていく決意は別にしていません。

こういう言葉を今まで鵜呑みにしてきた結果、仕事のストレスで体調まで崩してきたんですよね。

だから、もうこれ以上聞き入れる必要はない!と思ってスルーしました。

否定的なことを言われたら、

なご
なご

へへ~、そうかもしれないですね~。

リアクションはすべて「へらへらして乗り切る」でOKです。

会社を辞めてよかったと思うこと

人間関係の悩みが減った

会社では全然気が合わない人や理不尽なことを言ってくる人にも、ある程度愛想を振りまいてました。

嫌われるのも怖いし、うわさが好きな人が多い会社だったから、あらぬうわさを立てられるのもいやで、ノリが良くて配慮できる「いい人」を演じていました。

仕事をスムーズに進めるために、ある程度のコミュニケションは必要だと思って我慢していたんですよね。

今思えばそんなことする必要なかったし、無理に人に合わせていなければもう少し長く働けていたかもしれないと思います。

会社を辞めたらノリが合わない人には会う必要がないし、誘いも断れるようになりました。

会社のために無理に自分をまげたり、人に合わせることが減って、本当に心が楽になりました。

 

年収が下がる恐怖から解放された

年収は一生上げ続けていかなきゃいけないものだ、と無意識のうちに信じ込んでいたのですが、

会社を辞めて、人間関係もがらっと変わったら「お金を稼ぎ続けなきゃ!年収上げ続けないと、将来安定しない!」という考えから解放されました。

自分が心とからだの健康を保ちながら時間に余裕のある生活ができるぶんの収入があれば、それでいいと今は思っています。

満員電車に乗らなくていいのが本当に最高

会社を辞めたあとは、

  • 満員電車を避けて通勤できる時間を選べる仕事についたり
  • 在宅ワークOKの仕事を選ぶようになった

ので、満員電車から解放されたのがほんとうに最高です。

満員電車に40~50分電車に乗り、合計1時間くらいの通勤をしていたときは体に負担だったようで、

頻繁に具合が悪くなって途中下車したり電車で失神したりしていました。

具合悪くならないとしても、通勤でエネルギー消耗して

会社についたらヘトヘト。

通勤のせいで業務効率も下がっていたように思います。

会社の近くに引越したこともあるけど、そうなると家賃上がるし住みたい街じゃなかったりして、不本意でした。

だから自宅でサロンでもやったら電車乗らなくていいし、人を癒やして自分も癒やされて最高、と思いセラピストを目指しました。

結果的にセラピストはやめたけど、その発想は間違ってなかったと思います。

「満員電車が嫌だから!!」というのも、立派な「会社辞めたい理由」になります。

あなたの体より大事な仕事なんて、ひとつもありませんから。

頭痛、肩こり、眼精疲労など体調不良が減った

会社を辞めたら明らかに体調不良が減りました。

前は胃薬や頭痛薬を毎日何かしら飲んでいたけど、今はほぼ飲まなくなりました!

なご
なご

あ~いつまで薬を飲み続ければいいんだ・・・

と絶望的な気持ちにもなってました。

マッサージに毎月行って、肩こり・目の疲れ・頭痛などをまぎらわし、お金も毎月1万円ほど使ってました。

でも会社を辞めたら明らかに不調の頻度が減りました。

いやだーつらいー!と思って毎日過ごしてるから、そりゃ体も「もう限界だぞ!」と警告をならしますよね。。

体の不調は限界が近いサインなので、無視してはいけないんですよね。

仕事を辞めて後悔したことはゼロ

仕事を辞めて、後悔したことは一切ないです。

  • 体調もよくなった
  • 人間関係から開放されて心も元気になった
  • お金のために働くだけの人生から脱出できた

会社を辞めたことで、こんなにいいことがありました。

「逃げる」という選択肢をとった私ですが、それでも結果は「よかった」です。

転職先を決めずに退職したわたしですが、4ヶ月ほど休養して、その後ちゃんと仕事も見つかりました。

とにかく今体調が悪いなら、しばらく休んで心と体を回復させるのが優先です。

仕事は元気になってからまた探せばいいし、それであなたの人生が損したり、台無しになったりすることはありません。(経験者より愛をこめて) 

辞めたときにもらえるお金がある!【失業手当&傷病手当金】

さて、心と体をゆっくり休ませるには、退職したあとや休職中にも生活費があるという「お金の安心感」が必要です。

会社に勤めている人は、体調不良で休職や退職をすると健康保険と雇用保険からある程度のお金がもらえるのですが、

それを知らずに「お金がない、体調も悪い・・・もうだめだ」とどんどんつらくなってしまう人も多いそうです。

実際にわたしも自分が制度を利用するまでは知りませんでした。

過去にうつ病で休職した経験があるのですが、そのときに傷病手当金(しょうびょうてあてきん)でかなり助けられました。

退職したときには失業手当のおかげで、安心して就職活動もできました。

心と身体を休ませるには、最低限の生活費があることが大切です

体調不良で退職したときにもらえるお金は2種類

もしうつ病や適応障害、そのほかの病気や体調不良で会社を退職した場合には、この2つの制度を利用することができます。

  1. 傷病手当金(健康保険の制度)
  2. 失業手当(雇用保険の制度)

会社を3日以上続けて休んだら、元の給料(額面)の3分の2が健康保険から支給されるよ!

というのが傷病手当金という制度です。

 

そしてもうひとつが失業手当。

これは退職理由にかかわらず雇用保険に1年以上加入していた人なら、

給与の50~80%の金額を3ヶ月〜1年ほどもらうことができます。

 

いつまでもらえるのか、いくらもらえるかは、

年齢や退職理由、保険に加入していた期間によって変わるので、制度をきちんと知っておくことが大切です。

給付がもらえる条件や申請方法などはお金がないから退職できない!?体調不良の退職でもらえるお金を知ろう(健康保険、雇用保険) の記事で書いていますので、ぜひ読んでみてください。

なんと90%の人が本来もらえる傷病手当をもらってないそう!

心に余裕ができたら転職活動を。年収を不用意に下げないことが大切。

そして次の仕事を探すときは、できるだけ自分が無理せずに今までの経験をいかして、

自分のペースを保って働ける環境を選ぶのが大切です。

わたしは今は正社員を選んでいませんが、また正社員として働くつもりがある人は転職エージェントの利用を強くおすすめします。

これまでのキャリアをむだにしないように、年収を上げやすい転職エージェントを利用することは、自分を疲弊させないためにも重要です。

リクルートエージェントはわたしも正社員転職を考えたときに、2回利用したのですが、

まず最初に登録しておくべきエージェントです。

▼リクルートエージェントを利用するメリット

  • コーディネーターの質がとても高い
  • 案件の数が多いので、応募したい仕事を見つけやすい
  • 年収アップを見込める求人を多く紹介してくれる
  • 大手企業の求人が多い

>>リクルートエージェントの登録はこちら

エージェント利用は、自分を大切にしながら転職を進めるための一つの賢い方法です

 

体調不良で退職したらもらえるお金【傷病手当金・失業手当】
お金がないから退職できない、うつや適応障害で休みたいけど生活費がない、と思っている人に知ってほしい傷病手当金と失業手当制度。いくらもらえるのか、制度のしくみや申請、最大金額を受け取るためにサポートしてくれるコンシェルジュサービスも合わせて紹介します。
週5はきつい。私が週3日労働になった方法&働きたくない理由【時短派遣】
週5はきつい。体力もストレス耐性も低すぎるわたしがフルタイム労働から抜け出すためにやったことは、週4日以下の高時給な時短派遣の仕事を探した、副業をはじめた、の2つでした。 1日8時間週5日のフルタイム労働は体力のない自分にはきついので、働く時間を減らして時間単価をあげることにしています。
webマーケティングとは?仕事内容別に未経験からの転職ルートを解説
webマーケティングの仕事はweb広告分野、SEO分野の大きく2つにわかれます。そしてさらに、事業会社の人と、コンサルティングや代理店の人に分かれます。webマーケティングとひとくくりに言っても、いろいろなポジションがあるのでどの部分に転職したいか先に決めるのが大事です。
タイトルとURLをコピーしました