【梅雨の髪の湿気対策】無香料ヘアオイルにホホバとワセリンが使いやすい

なご
なご

こんにちは、湿気が苦手な、なごです!

最近友人から「30代になって急に髪の毛が湿気の影響を受けやすくなったよー」と連絡がきました。

たしかに年々湿気で髪の毛がうねったり、ほわほわするようになってきたように感じます。

でも髪の毛にオイルを塗るようになったら湿気の影響を受けにくくなったので

今日はわたしが使ってるおすすめのオイルをご紹介します。

無香料のものなので、強い香りが苦手な方にもおすすめできます!

髪の毛の湿気対策にはオイルがおすすめ

髪の毛の湿気対策で一番効果があると思ったのはオイルです。

ヘアセラム、ヘアミルク、ヘアスプレー、ワックスなど色々試してきましたが、

がっつり油分が多いものをうすく塗るのが一番効果がありました。

なご
なご

オイルが一番うねりやほわほわする毛が出にくい!

おそらくオイルで髪の毛の周りに油膜を作ることで、

髪が湿気を吸ったり、その湿気を放出するときに乾燥したり、ということを防げるのではないかと思います!

梅雨の湿気対策におすすめなのはホホバオイルとワセリン

実際にわたしが髪の毛の湿気対策として使ってみておすすめだと思ったのが、

ホホバオイル(精製)とワセリンです!

created by Rinker
大洋製薬
¥900(2021/01/28 09:42:24時点 Amazon調べ-詳細)

ホホバとワセリンがおすすめな理由はこちら↓

・油なので、しっかり髪を湿気から保護してくれる
・顔や体の保湿にも使えるのでケア用品が増えなくていい
・無香料
・お手頃価格
ヘアミルクやヘアセラムよりもホホバオイルやワセリンのほうが油分が多くて膜を作ってくれるので、湿気を髪が吸わずにすみます。
あとはゆるミニマリストのわたしとしては、物を増やしたくないので
全身に使えるというのはかなり大事なポイント。
ホホバはアロマオイルと混ぜてヘアオイルやマッサージオイルに使ったりもします。
ワセリンは冬場に顔や体の乾燥がひどいところにも塗れますし、とにかく汎用性が高いのがよいです。
さらに無香料というのも重視していて、とにかく香料が基本的に苦手です。
無香料のヘアオイルは数が少ないし、いくつか試したのですがコスパや汎用性的にホホバとワセリンが一番使いやすかったです。
どっちを選ぼうか迷ったらホホバオイルのほうが使いやすいので、まずはホホバを買ってみるといいと思います。
ワセリンは軟膏のベースとして使われることからもわかるように硬い油なので、伸びにくいしつけすぎることも多くなりがち。
ホホバオイルはとにかくさらっとしたオイルで、髪の毛につけるときもするすると伸びるので薄くつけたいときにも扱いやすいです。
created by Rinker
大洋製薬
¥900(2021/01/28 09:42:24時点 Amazon調べ-詳細)

全身に使える油ではなくて髪の毛専用のヘアオイルがいいという方もいると思います。

わたしも実際にそう思ってこういった↓無香料や香りが少ないヘアオイルを使ってみました。

created by Rinker
ハホニコ
¥1,518(2021/01/28 13:12:29時点 Amazon調べ-詳細)

↑美容室でもよく聞く「ハホニコトリートメント」のブランド、ハホニコのヘアオイル。

無香料なので香りが苦手な方におすすめできます。

使用感はホホバオイルよりももったりと重めでした。

スクワラン、アーモンド油、オリーブ油、ヒマワリ油、ホホバ油、マカダミアナッツ油などの油脂をふんだんに配合してるので、オイルらしく重めのテクスチャーです。

まずは安心のサロンブランドのヘアオイルから試してみたいという方にはぴったりだと思います。

created by Rinker
L'Oreal Paris(ロレアルパリ)
¥2,420(2021/01/28 09:42:25時点 Amazon調べ-詳細)

ロレアルパリのエルセーヴはドラッグストアでも買える無香料のヘアオイルです。

オイルというかセラムに近い感じで、さらさらするーん!という髪の毛になれます。

まあでもメインの成分がシクロペンタシロキサン、ジメチコノールというシリコーンなので、

さらさらにはなるけど湿気対策にはいまいち、という印象でした。

どちらも髪の毛専用のオイル商品ですが、結局使用感を考えると

ホホバオイルがさらさらと使いやすく、さらに湿気もしっかりはねのけてくれたので

一番ホホバオイルがコスパも使い勝手もよいと思いました。

ホホバオイルとワセリンの選び方

次にホホバオイルとワセリンの選び方です。

なご
なご

わたしはアロマテラピー検定1級をもっており、リラクゼーションのセラピストをしてた経験もあるので、オイルには詳しいのです

ホホバオイルは未精製(ゴールデンホホバとも呼ばれます)と精製の2種類がありますが、精製してあるものがおすすめです。

精製タイプのほうが純度が高くて肌や髪の刺激になりにくいのと、香りがないからです。

未精製(ゴールデン)は色が黄色っぽくて特有の香りがあります。

わたしはじんましんも出やすく敏感肌なので、刺激を避けて精製タイプを選んでいます。

そして遮光性の茶色のボトルや瓶に入ってるものを選ぶと、ホホバオイル自体の劣化を防げるのでよいです。

▼精製タイプのホホバオイル

なご
なご

こういう↑ポンプタイプは少量ずつ出しやすい!

大量に買っても使い切れずに時間がたってしまうので、ホホバを個人で買うなら100ml以下で十分だと思います。

(全身に使うわたしでも100ml使うのに半年かかります)

ワセリンは白色ワセリンや高純度と書いてあるタイプがおすすめ。

不純物が取り除かれていて皮膚に刺激が少ないからです。

よくドラッグストアで売ってる青いキャップのワセリンは安いのですが、純度が低いせいか石油のニオイが強く感じるので買いません。。

また最後まで清潔に使い切れるように、指で直接ふれなくていいチューブタイプを買っています。

created by Rinker
大洋製薬
¥900(2021/01/28 09:42:24時点 Amazon調べ-詳細)

ということで、ホホバオイルは精製タイプ、ワセリンは白色ワセリンを使ってます。

髪の毛の湿気対策オイルのつけ方・タイミング

ホホバオイルやワセリンをつけるタイミングと付け方は、

ヘアセットの前に乾いた髪に、うっすら少量をつけるようにしています。

あまり長い時間つけてるとベタベタしてきますからね。

あとワセリンは長時間つけてると、自分の体から出る皮脂と混ざってちょっと油っぽいにおいがしたりすることもありました。

(ホホバは正確には油ではなくてワックスという分類で、時間がたっても油っぽいニオイはしません)

なご
なご

ニオイに敏感な人は特に、つける時間を短くするとよいかも

夜お風呂上がりに、ドライヤー前に塗るのだとちょっと長時間になりすぎます。

わたしは朝、ヘアセットをする前に乾いた髪に塗って、そのあとヘアアイロンで巻いたりします。

あと、量はつけすぎないことと、頭皮につかないように根本から5cmくらいはつけないようにしてます。

なご
なご

つけすぎるとヘアスタイルがぺったりしてしまう

頭皮につくとやはりニオイの原因にもなりやすい気がするので(頭皮が脂っぽいのが悩みでして。。)

ということでヘアセットの前に乾いた髪に、うっすら少量のホホバオイルかワセリンをつけるのが湿気対策にはおすすめです。

created by Rinker
大洋製薬
¥900(2021/01/28 09:42:24時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:髪の毛の湿気対策には油分がおすすめ

以上、髪の毛の湿気対策におすすめのオイルのご紹介でした。

そのほかにも基礎化粧品や洗剤などもとにかく無香料や香りが少ないものを選ぶようにしてます。

なご
なご

香りに敏感なのはHSPという気質をわたしが持ってるからでもあります

無香料のものや刺激が少なくて使いやすい化粧品や洗剤などは、こちらの記事でまとめたので合わせてご覧ください♪

【買ってよかったHSP対策グッズ】ストレス緩和アイテム・耳栓・無香料洗剤・ボディーソープなど。

タイトルとURLをコピーしました