2021年を振り返る。個人事業と海外挑戦の年だった

トルコイスタンブールの海

こんにちは、いつもいつでも生きやすさを追い求めている、なごです

2021年も終わりということで、今年を振り返るブログを書いてみたいと思います。

別にお得な情報とか役立つノウハウとかないですけど、今年は海外でフリーランスをするという新たな試みもやってみたので、心境などつらつら書いております。

みかんでも食べながらほぉ〜と読んでもらえたら!

2021やってよかったこと。個人事業がんばった&海外生活やってみた

わたしの2021年はこの2つでほぼ占めております。

個人事業がんばった&人生で初めて海外生活ってものを経験してみた。以上です。

個人事業は2018年からちょこちょこ始めたものですが、2021年は特にココナラでのランディングページ制作をたくさん発注頂くことができました。

そこでわかったこと。ココナラは注文が入っている人がおすすめの上位に表示されるので、ひとたび注文が入ればどんどん忙しくなり、一旦休止して注文がない状況ができてしまうとまったく注文がなくなる。

つまり、忙しいときはひたすら忙しく、ちょっと休もうかなと思うと再開したときにお客様の目にとまらないという仕組み。

一人でお仕事を受けている身としてはなかなか厳しい循環ですが、来年は一緒にやってくれるパートナーさん探しもしつつ、効率を上げていきたいなと考えたり考えなかったりしてます。

副業からどうやってちょっとずつ仕事を拡大したのか、最初の一歩の踏み出し方はこちらで↓

スキルなしから月5万円 在宅副業の始め方|自分に合う副業を見つける
人気の副業と、その中でもスキルなしで始められるものをまとめました。研究して、真似して、少しずつ改善していくことでちょっとずつ売れ始めるので、地道に研究を続けるのが大切だと思っています。 そしてこの研究し改善していく過程が楽しいor全然苦しくないと思えたらその副業が自分に向いている、合っているものだと思います。

海外生活をしたいという思いだけでコロナ禍に海外へ

トルコイスタンブールのアヤナモスク

2021のトピックス二つ目。海外生活してみたいという10年以上漠然と抱えてきた夢を叶えてみるため、海外ノマド的なスタンスで海外へふらりと行ってみました。

9月からルーマニアに2ヶ月、トルコに1ヶ月、ふらふら暮らしながら、おうちで仕事をしながら、現地のカフェめしやレストラン、スーパーでの買い物を主にエンジョイしてきました(食べ物ばっかり)

このあたりの旅ブログ的なものも書きたいので、またお楽しみにしてもらえたらうれしいでございます。

トルコの猛烈なタバコの煙と空気の乾燥、そして3ヶ月の海外という慣れない生活で体調を崩したので今は日本で英気を養い中ですが、また元気を取り戻して日本で食べたいご飯をすべて食べ終えたら再び海外へ行きたいな〜という気持ちでおります。

ちなみに海外生活どうだったん?というまとめをお話しますと、

元々は物価の安い国であまりあくせく働かずにゆるく生きたい!と思ったのがスタートだったわけですが、その目標は叶いませんでした笑

理由は、Airbnbといういわゆる民泊で暮らしていたのですが、観光客向けで高額なので、郊外に行ったり、人とシェアしないとなかなか安くならないのですが、わたしは人との共同生活はできないのと、今回はまず大都市を攻めるというプランだったので、どうしても1ヶ月9万円以上の家賃が発生してしまったのです。

(そもそもジョージアという国が生活コストがかなり安いと聞いて、ジョージア行くのが目的だったのに、コロナワクチン接種率全然上がらないし、国の政治が不安定すぎて衛生ケアどころじゃなさそうだしってことで、結局ジョージアに行かなかったのです。リベンジしたいな)

家賃はどうしてもお高めになってしまったんですが、ルーマニアもトルコも食費が安いので、1ヶ月の生活費は東京と同じくらいになりました。

東京で生活するのと同じ費用で人生初の海外生活を楽しめたのは、リスクもなくて、かなりお得だったかも!とも思います。

海外の広々とした天井の高いつくりのおうちでのんびり一人暮らしを経験できたのはとても楽しく、貴重な経験でした。

やっぱり海外の家は広くていいな〜!

▼トルコ イスタンブールで泊まっていたAirbnbのお部屋

トルコ・イスタンブールのAirbnb

もうひとつ海外に行ってみた理由として、コロナ禍で日本で自粛するより海外で自粛するほうが日常すら変化があって楽しそうというのがありました。

これは大いに実現できて満足してます。スーパーの食材だけでも全然違うし(鶏もも肉に骨がついててびっくりしたりね)、パンをくわえて通勤してるルーマニア人とか、見ているだけでも文化が違ってとてもおもしろいです。

▼トルコのスーパーのお茶売り場。種類多くて驚いた!!

トルコのスーパーのお茶売り場が広い

ということで、自分史上でもトップ3に入りそうなくらい大きな挑戦「海外生活してみた」は2021年に挑戦できて本当によかったことのひとつです。

海外でなにするの?なんで今?など出発前に整理した記事はこちら↓

海外生活してみるよ!HSPでも30代でもコロナでも、やりたいことをやってみたい
コロナの影響でリモートでも仕事ができるようになったことと、個人事業での収入もだんだん増えてきたこともあり、海外で生活するにはよいタイミングかもと思い、この時期ですが海外に住んでみようと思いました。 なんで海外?どこ行くの?仕事は?海外でなにするの?コロナなのに今?など、 わたしが悩みながらもここまで決めてきたことをまとめてみました。

念願だった完全フリーランスになった

元々は派遣社員としてウェブマーケティングのルーティン系+業務効率化担当的なことをしていたのですが、その仕事がフルリモートOKだったのでそれを利用して海外から仕事したいな〜と考えました。

そしてダメ元で「海外行くんですけど、海外からでもぜひこのお仕事をさせてください!!」と言ってみたところ、派遣会社はNG(労災とかいろいろあって)、就業先はOKとなりました。そこで派遣会社をやめて、最終的には直接の業務委託契約になったんですね。

つまり、業務委託になったということで、いわゆるフリーランスになりました。

 

結局仕事内容も働く時間も変わらないのですが、税金面で業務委託のほうが都合がよかったので、完全フリーランスになれてよかったです。

今後もずっとフリーランスなのかは全然わかりません。今はやりたいことをやりたいだけやって、自分の納得のいく報酬で働くというのを続けたいので、正社員に戻ることは考えていません。

でもこの先正社員にまた戻りたいと思うことがあるかもしれないですし、そのときはその道を検討したいと思っています。(戻れるかどうかはまた別の話)

なんにせよ、とにかくわたしは体力がないので、週5日フルタイムは本当に無理なのです。

2018年から3年かけてようやく「自分最優先で働く」という働き方が安定してきたのでこれからもそのスタンスを大切にしていきたいと思っています。

週5日労働から脱出したときの記事はこちらで↓

週5はきつい。私が週3~4日労働で一人暮らしできるようになった方法【時短派遣で単価を上げた】
週5はきつい。体力もストレス耐性も低すぎるわたしがフルタイム労働から抜け出すためにやったことは、週4日以下の高時給な時短派遣の仕事を探した、副業をはじめた、の2つでした。 1日8時間週5日のフルタイム労働は体力のない自分にはきついので、働く時間を減らして時間単価をあげることにしています。

初めて15万円もする情報商材を買ってみた笑

情報商材ってみなさん買いますか?わたしは買わない派でした。

情報商材というのは、ビジネスノウハウとかを書いたPDFとか動画とかセミナーとか、つまりは情報を売ってるものですよね。

わたし個人の感覚として、1万円以上する情報商材は価格以上の価値はないと思っていました。なんなら一番効率よく学べる情報商材は書籍だと思っていて、2000円以上の情報はだいたいインフルエンサー料金というか人気代だと思ってます。

しかし2021年、ふだんから参考にさせてもらっている方が15万円の商材を発売したので、自分のビジネスの勉強と見たことのない世界をのぞいてみるという目的で、買ってみたのです!!ひやーーー、でかい買い物やったーー!!

そして、買ってみた感想はどうなのかというと、

うーーーん、とても勉強になる内容だったけど、まあ15万円は高すぎるかな!という感じでした!笑

情報の価値だけで考えたら1万円なら妥当かな、という感じ。でもそれを15万円で買ってもらうというスキルに非常に多くのことを学べたのと、個人のビジネスってこうやっていくんだーととても勉強になりました。

詐欺まがいの情報商材を肯定してるわけじゃないんですが、人の心を動かすテクニックというか、どうやったら人は興味をもって、最後ポチッと購入ボタンをつい押してしまうのか、そんなことを身を持って学べました。

わいも稼いだるわ。と気合いも入った2021年でございました。

人生初Macのパソコンデビューした

Macbook Airでホテルのカフェで仕事してみた

人生で一度もMacbookを使ったことがなかったんですが(人のをちらりと触ることはあったけど、自分のものとして使ったことがなかった)

2021年ついにMacbookデビューしました。Macって品質よりもかっこよさ、見た目、ブランドを重視しているというイメージだったんですが(つまりコスパ最悪だよねって思ってた)

M1 Macbook AirはWindowsとかわらないコスパのよさで、おまけにデザインもいいし、キーボードも打ちやすいし、やっぱりよく考えられてるよなぁ〜と思わされる一品でした。

30代にもなりますと新しいものを取り入れる機会が減ってきて、自分のお気に入りや使い勝手のいいものもわかってきて、いろんなものをAmazonでリピ買いすることが多くなってくるんですが、

やっぱり新しいものっていいなあ!知らない世界や価値観を知れるっていいなあ!とMacを買ってみて思ったのでした。

知らないくせに批判ばかりする大人にならないためにも、今後は使ったことがないもの、試したことがないことを積極的に人生に取り入れていきたいなぁと思ったのでした。

M1 Macbookを使ってみて感動したこと、Windowsよりいいところなどはこちらのブログでまとめてます↓

買ってよかったM1 Macbook air レビュー|やっとわかったMacを買う理由
10年以上windows派だったけど、M1 Macbook airはけっこう使いやすい。人生で初めてMacを買ってみてやっとわかった、Macを買うべき理由。最初はwindowsとの違いに慣れなかったけど、やっぱりMacは使いやすい&よく考えられているという結論。すっかりファンになりそうです。

2021年きつかったのは、人と関わる機会が減ったこと

2021年は2020年から引き続きコロナの影響で自宅にいることが多かったのですが、会社や飲み会、友達と遊ぶ回数などが減ったことで「なんか人生つまんないなぁ」という気持ちになるのが多くて、それが正直つらかったです。

もともと2020年からフルリモートで家で仕事をしていたし、それが好きなので、家で働くことは大大大満足なんですが。

たまに出社するということもほぼなくて、2021年に会社に行ったのはおそらく3回ほど。会社に行くとなると帰りに友達との予定を入れてみたりと、ついでに誰かとご飯食べる的なこともしたりするんですが、そういうのも少なくなり。

友達と遊んだり実家に気軽に帰ったり、ちょっと飲みに行ったり、みたいなことがやりにくかったですよね。

もともとおしゃべり好きなので、おしゃべり相手と会う機会が減るのはつらかったです。

早くこの状況が変わるといいなあ。

逆に海外にいた3ヶ月は、スーパーで話しかけられたりデリバリーのお兄さんに話しかけられたりと、ちょっとした会話は増えたのでだいぶ気は紛れました。

スーパーで同じワインを見てた人と仲良くなって、ホームパーティーに呼んでもらったり、観光に連れ出してもらったりもしたので、日本よりもそのへんで誰かと話をする回数が増えておもしろかったし、しゃべってないとストレスたまるおしゃべり人間としてはとても助かりました。

おしゃべりなくせにシャイだから、自分から話しかけたりしないというね笑

海外で気さくな人にたくさん会えたので、今後は日本でも自分から話しかけたり誘ったりする機会を増やしたいな〜〜と思っております。

ーーー

ということで2021年は、仕事も楽しめたし、新しいチャレンジもできたし、なかなかよい年だったな〜という所感でございます。

四柱推命という占いで今年までの3年間は天中殺という期間だったんですけど(まあ大殺界みたいなもんでしょうか)、あと厄年も今年で終わりだ。

たしかにこの3年間で同棲解消したり、コロナで仕事見つからなくて焦ったり、海外で体調崩して病院行く事態になったりはしたけど、もう人生オワッタ・・・みたいな事件はなかったので、無事乗り切れてよかったです。いや〜よかったよかった。

みなさまはどんな年でしたでしょうか。

今年もこのブログ「なごろぐ」を読んで頂きありがとうございました。

同じ世代の働く女性に向けて、もっと生きやすい人生があるかもよ〜とささやくブログとして、来年もまた書いていきますので(案外男性も読んでくださっていて、それも誠にありがたいので男性のみなさまも何卒)引き続きよろしくお願い致します!

それではよいお年を〜🎍

タイトルとURLをコピーしました